ボディーピアスで魅惑ボディー│キラリと光る自己表現アクセ

アクセサリー

知ると開けたい豆知識

装飾品

軟骨を開けたいけれど迷っている人は、氷で冷やしニードルで開けるのが良いでしょう。痛みを少なからず軽減し、穴も安定しやすくなります。へリックスやトラガスが人気の場所で、スナッグは幻のピアスと呼ばれるほど穴の安定が難しい場所です。知識を付けた上で、お洒落を楽しみましょう。

Read More...

ピアスでお洒落を楽しむ

へそピアス

へそピアスは、お腹という普段注目されない場所にピアスをする事で、普通のお洒落とは違った雰囲気を持たせる事ができ価値が高いです。そのため若い人を中心に多くの人が、へそピアスを開けてお洒落を楽しんでいます。

Read More...

オシャレなピアス

へそピアス

へそピアスは夏など肌を露出する時期に、チラッと魅せることでオシャレ差をプラスさせることが出来ます。自分で開けることもできますし、開けるのが怖いという方は美容外科クリニックなどで開けてもらった方が安心かもしれません。

Read More...

Associated Link

失敗しない穴開け法

キレイな穴を完成させる

ピアス

ボディーピアスの穴というのは、完全に定着するまでには開けてから大体1ヶ月程度かかります。 その間のケアの仕方で、キレイな穴になるかどうかが決まります。 ファーストピアスを外さないというのは勿論なのですが、キレイな穴にしたいならばピアスをたまに回すと良いのです。 回すことによって皮膚との癒着を予防できますし、早く穴が完成します。 但し回すときには、痛みがないよう極軽く左右に少しネジる程度で十分です。 回した後には、消毒も忘れてはいけません。 これは1日に1回、多くても朝夜の2回くらいで良いでしょう。 やり過ぎたり力を入れ過ぎると、逆効果になることもあるので注意したいところです。 ボディーピアスが痛みもなくすんなり動くようになれば穴の完成です。

穴を開ける際の注意点

ボディーピアスの穴開けというのは、ピアスショップや自分で開ける人もいます。 しかし実はこれは、非常に危険なことなのです。 というのも、化膿や金属アレルギーを引き起こしてしまうこともあるからなのです。 また、同じ場所に2つ以上の穴を開ける際には、適切な距離をとる必要があります。 特にヘソの穴同士の距離が足りないと、皮膚が薄くなって破けてしまうこともあるのです。 そうしたことを避けるためには、ボディーピアスは医療機関で穴を開けることが大切となります。 ピアスショップや自分では直線的な穴しか開けることはできませんが、医療機関ならば曲線的な穴も開けることができます。 そのため、皮膚が破けてしまうといったトラブルを防ぐことが可能となるのです。